ベルリン外国人局への行き方

はじめに

ベルリンの外国人局(Ausländerbehörde)はベルリンへ留学をするに当たり、誰もが訪れる場所ですが、かなり分かりづらい場所にあります。

実際、Google Mapを頼りに初めて行ったときは、少しずれた場所に案内されてしまうため、よくわからない荷物の搬入口にたどり着いてしまい、たどり着くのにとても苦労しました。

ベルリンの外国人局へ、ビザの申請などで行く場合は、画像つきで行き方を解説していますので、是非参考にして下さい。

行くときは、必ず予約してから行きましょう。朝早く並ばないと当日受付はしてもらえませんし、中にも入れません。加えて、予約優先なので、手続きが午後以降になることもありますので、時間を無駄にしないように、予約することをおすすめします。

ベルリン外国人局への行き方

案内板を確認する

駅のホームに案内板がいくつかあるので、画像と比較して確認して下さい。

日本の感覚だと、次の駅を案内しているように見えてしまいますが、この案内板は、道路の名前や施設について案内しています。「Ausländerbehörde」の表記を見つけて、そちらの方向に進んで下さい。

突き当りの案内板を確認

突き当たりに行くと、左右に出口がありますので、右側の階段を登ります。

こちらにも「Ausländerbehörde」と案内板に表記されています。

階段を登り地上に出る

階段を登って地上に出るとすぐに入口が見えます。

登りきったら、右斜後ろです。

門をくぐって敷地に入る

こちらの入り口から入ります。

道なりに進み左へ曲がる

門をくぐって15mほど進んだら左へ曲がります。

玄関から入る

玄関には受付の方が夏は外に、冬は中にいるので、事前に印刷しておいた予約表を見せましょう。ここでは予約しているかどうかの確認だけなので、予約内容が合っていれば、入れてくれるはずです。

予約表

控室にて待機

2階と3階(日本人の感覚としては3階と4階)に控室があります。フロアに入ったら左側の方に控室があります。

ドイツには0階(=1階)という概念があるので、階数の数え方には注意です。

ちなみに、右側の方は手続きを行うための部屋が沢山あります。

掲示板に自分の番号が出るのを待つ

予約表にある番号が表示されるのを待ち、表示されたら、その横に部屋番号が表示されているので、その部屋へ向かいます。200番代は2階、300番代は3階です。

まとめ

ベルリンの外国人局はかなり分かりづらい場所にあります。また、2時間以上遅れて呼ばれる場合もあれば、10分程度早く呼ばれる場合もあるようです。余裕を持って待機できるようにしましょう。

ビザの代金を払うときなどに、自分の持っているクレジットカードが対応していない場合もあるので、必ず現金で払えるようにしていきましょう。また、英語での対応をして貰える人と、ドイツ語のみの人がいますので注意して下さい。

ドイツ留学の最新記事